• 21世紀の知的生産の技術

  • 『知的生産の技術』

  • 『情報の文明学』

  • 「月刊 知的生産マガジン」

  • 概要

    「21世紀の知的生産の技術」とは何か?
    なぜそれが必要なのか。
    それはどのように発展していくものか?

  • 構成

    名著『知的生産の技術』を読み込み、それを現代版アレンジする。あるいは、そこにあるエッセンスを抽出する。

    また、高度情報化社会から眺める「情報との接し方」の風景を描く。

  • アイデア募集中

  • (以下に自由に追加ください)

  • 目次

    はじめに
    発見の手帳
    ノートからカードへ
    カードとそのつかいかた
    きりぬきと規格化
    整理と事務
    読書
    ペンからタイプライターへ
    手紙
    日記と記録
    原稿
    文章
    おわりに

  • 目次

    放送人の誕生と成長
    情報産業論
    情報産業時代への予察
    情報産業論への補論
    四半世紀のながれのなかで
    情報産業論再説
    人類の文明史的展望にたって
    感覚情報の開発
    『放送朝日』は死んだ
    実践的情報産業論
    情報経済学のすすめ
    情報の文明学
    情報の考現学
    『情報の文明学』への追記

  • 電子書籍による雑誌

    ノート術
    Evernote
    情報カード
    アウトライナー
    執筆に関すること
    情報管理に関すること

    といったテーマを毎号設ける

  • アイデア1 ノートからカードへ カードから「 」へ

  • アイデア2 

  • 毎日ランダムにPUSHされる画像をネタに発想する

    • 今日の占いのタロットカード
    • 今日のラッキーカラー
    • flickrの写真
  • アウトライナーの階層はいくつがベストなのか

    • 3階層
    • 10階層
    • 無制限
  • gingkoの疑問

    • 誰が編集したかわからない?(管理者には見えている?)
    • 変更履歴は残らない?(まちがえて消しちゃったら戻せない?)
  • Evernote

  • 面白いですな。ブレストの練習的な。

    @倉下

  • ちょっと方向性は違いますが、自分の過去のタンブラをランダム表示させるページを作ってみました。

    情報カード的に使える、かも。

    http://rashita.net/blog/brest.html

    • Evernoteの使い方

    • おお!良いですね!
      tumblrだけでなく複数ソースからランダムな組み合わせを作ったりするのもありかも知れませんね。
      (文字同士とか、写真同士とか、文字と写真とか)

      単なるランダム表示だと、裏返しの情報カードから能動的に一枚引くのと変わりませんが、受動的な仕組み(例えばランダムな時間にランダムなカードがメールで飛んでくるとか)はデジタルならではで「21世紀」的かなと思いました。

    • なるほど、自分以外にログイン中の人がいる場合は、カード最終更新者?のメアドが表示されるみたいですね。

      微妙な仕様ですね…
      管理者が常に表示/非表示を設定できたら良いかも。
      あと、メアドじゃなくてニックネーム設定したいですな。

    • 右上の歯車アイコンから「Show trash」するとゴミ箱のカードが表示され、restoreかdelete(完全削除)できるみたいですね。

      カードごと削除した場合の話なので、カードの内容を消しちゃったときなどは戻せませんが。

    • ノートブックリストの公開

    • 使っているアプリ集

    {"cards":[{"_id":"47a483332134f352dd000215","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":486905,"position":1,"parentId":null,"content":"21世紀の知的生産の技術"},{"_id":"47a484162134f352dd000218","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":486926,"position":1,"parentId":"47a483332134f352dd000215","content":"概要\n\n「21世紀の知的生産の技術」とは何か?\nなぜそれが必要なのか。\nそれはどのように発展していくものか?"},{"_id":"47a484742134f352dd000219","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":515033,"position":2,"parentId":"47a483332134f352dd000215","content":"構成\n\n名著『知的生産の技術』を読み込み、それを現代版アレンジする。あるいは、そこにあるエッセンスを抽出する。\n\nまた、高度情報化社会から眺める「情報との接し方」の風景を描く。 "},{"_id":"47a484b42134f352dd00021a","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":486920,"position":3,"parentId":"47a483332134f352dd000215","content":"アイデア募集中"},{"_id":"47a485242134f352dd00021b","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":486941,"position":1,"parentId":"47a484b42134f352dd00021a","content":"アイデア1 ノートからカードへ カードから「 」へ\n"},{"_id":"47bcaec02134f352dd00024f","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":499220,"position":1.5,"parentId":"47a484b42134f352dd00021a","content":"アイデア2 "},{"_id":"47a485502134f352dd00021c","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":515022,"position":4,"parentId":"47a483332134f352dd000215","content":"(以下に自由に追加ください)"},{"_id":"47d1d228ecd02a0db9000011","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":508691,"position":1,"parentId":"47a485502134f352dd00021c","content":"毎日ランダムにPUSHされる画像をネタに発想する\n* 今日の占いのタロットカード\n* 今日のラッキーカラー \n* flickrの写真"},{"_id":"47dafbb79a56fa1d5b00001a","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":513110,"position":1,"parentId":"47d1d228ecd02a0db9000011","content":"面白いですな。ブレストの練習的な。\n\n@倉下"},{"_id":"47dafd949a56fa1d5b00001c","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":513118,"position":2,"parentId":"47d1d228ecd02a0db9000011","content":"ちょっと方向性は違いますが、自分の過去のタンブラをランダム表示させるページを作ってみました。\n\n情報カード的に使える、かも。\n\nhttp://rashita.net/blog/brest.html"},{"_id":"47de7bd04d146f8449000020","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":515243,"position":1,"parentId":"47dafd949a56fa1d5b00001c","content":"おお!良いですね!\ntumblrだけでなく複数ソースからランダムな組み合わせを作ったりするのもありかも知れませんね。\n(文字同士とか、写真同士とか、文字と写真とか)\n\n単なるランダム表示だと、裏返しの情報カードから能動的に一枚引くのと変わりませんが、受動的な仕組み(例えばランダムな時間にランダムなカードがメールで飛んでくるとか)はデジタルならではで「21世紀」的かなと思いました。"},{"_id":"47d21149ecd02a0db9000013","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":515115,"position":2,"parentId":"47a485502134f352dd00021c","content":"アウトライナーの階層はいくつがベストなのか\n* 3階層\n* 10階層\n* 無制限\n"},{"_id":"47d2338decd02a0db9000016","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":515047,"position":3,"parentId":"47a485502134f352dd00021c","content":"gingkoの疑問\n* 誰が編集したかわからない?(管理者には見えている?)\n* 変更履歴は残らない?(まちがえて消しちゃったら戻せない?)"},{"_id":"47daf8609a56fa1d5b000018","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":513102,"position":1,"parentId":"47d2338decd02a0db9000016","content":"誰が編集したかはわかりませんね。\n\nそれはちょっと不便ですな。 \n\n@倉下"},{"_id":"47dceea222185f27b200001d","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":514002,"position":1.5,"parentId":"47d2338decd02a0db9000016","content":"ログインされているときは、表示されるのかもしれません。\n\nhttps://www.evernote.com/shard/s4/sh/0d6cd905-03da-4fbe-bcfd-370201edd428/a35812f4b8f7036e1502b80ca6facdc5\n\n![](https://www.evernote.com/shard/s4/sh/0d6cd905-03da-4fbe-bcfd-370201edd428/a35812f4b8f7036e1502b80ca6facdc5/res/57341466-1d63-4ab4-b629-999b1456a5a3/screenshot.png?resizeSmall&width=832)\n\n![](https://www.evernote.com/shard/s4/sh/0d6cd905-03da-4fbe-bcfd-370201edd428/a35812f4b8f7036e1502b80ca6facdc5/res/c0ce87ae-1506-45f5-95be-234db14535e4/screenshot.png?resizeSmall&width=832)\n@倉下\n"},{"_id":"47de5e534d146f844900001f","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":515258,"position":1,"parentId":"47dceea222185f27b200001d","content":"なるほど、自分以外にログイン中の人がいる場合は、カード最終更新者?のメアドが表示されるみたいですね。\n\n微妙な仕様ですね…\n管理者が常に表示/非表示を設定できたら良いかも。\nあと、メアドじゃなくてニックネーム設定したいですな。"},{"_id":"47dafa279a56fa1d5b000019","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":513109,"position":2,"parentId":"47d2338decd02a0db9000016","content":"編集履歴も残りません。バックアップをどこかに取っておくか、消しちゃったらまーしゃないと諦めるか。\n\n@倉下"},{"_id":"47de5ad0b77e4a59c900001e","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":515246,"position":3,"parentId":"47dafa279a56fa1d5b000019","content":"右上の歯車アイコンから「Show trash」するとゴミ箱のカードが表示され、restoreかdelete(完全削除)できるみたいですね。\n\nカードごと削除した場合の話なので、カードの内容を消しちゃったときなどは戻せませんが。"},{"_id":"47a483882134f352dd000216","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":486906,"position":2,"parentId":null,"content":"『知的生産の技術』"},{"_id":"47a488152134f352dd00021d","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":486924,"position":1,"parentId":"47a483882134f352dd000216","content":"目次\n\nはじめに\n発見の手帳\nノートからカードへ\nカードとそのつかいかた\nきりぬきと規格化\n整理と事務\n読書\nペンからタイプライターへ\n手紙\n日記と記録\n原稿\n文章\nおわりに"},{"_id":"47a483d52134f352dd000217","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":486907,"position":3,"parentId":null,"content":"『情報の文明学』"},{"_id":"47a664572134f352dd00024e","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":487524,"position":1,"parentId":"47a483d52134f352dd000217","content":"目次\n\n放送人の誕生と成長\n情報産業論\n情報産業時代への予察\n情報産業論への補論\n四半世紀のながれのなかで\n情報産業論再説\n人類の文明史的展望にたって\n感覚情報の開発\n『放送朝日』は死んだ\n実践的情報産業論\n情報経済学のすすめ\n情報の文明学\n情報の考現学\n『情報の文明学』への追記"},{"_id":"47a4921d2134f352dd00021e","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":486945,"position":4,"parentId":null,"content":"「月刊 知的生産マガジン」"},{"_id":"47a4927b2134f352dd00021f","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":486950,"position":1,"parentId":"47a4921d2134f352dd00021e","content":"電子書籍による雑誌\n\nノート術\nEvernote\n情報カード\nアウトライナー\n執筆に関すること\n情報管理に関すること\n\nといったテーマを毎号設ける"},{"_id":"488645b401342501f4000077","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":603672,"position":1,"parentId":"47a4927b2134f352dd00021f","content":"Evernote"},{"_id":"488645e101342501f4000078","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":603674,"position":1,"parentId":"488645b401342501f4000077","content":"Evernoteの使い方"},{"_id":"4886462801342501f4000079","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":603677,"position":1,"parentId":"488645e101342501f4000078","content":"ノートブックリストの公開"},{"_id":"4886466901342501f400007a","treeId":"47a47f712134f352dd000210","seq":603678,"position":2,"parentId":"488645e101342501f4000078","content":"使っているアプリ集"}],"tree":{"_id":"47a47f712134f352dd000210","name":"21世紀の知的生産の技術","publicUrl":"infoliteracy21"}}